都立高校推薦入試終わりました。

1月26日(水)

都立高校の推薦入試が行われました。

 

都立高校の推薦入試の場合、筆記試験はなく、

個人面接、作文(または小論文)、

内申(学校の成績)

総合的に判断されます。

学校によっては作図、プレゼンテーションもあります。

 

ほとんどの学校は

内申(学校の成績)が占める割合は50%となっており、

面接、作文では差がつきにくいと私は考えます。

面接や作文って点数化が難しいと思うんですよね。

 

 

ただ、私も毎年、都立一般入試対策として、生徒たちの国語の作文を読みますが、とにかく、誤字脱字が多いです。

 

作文って、苦手な生徒が多いですよね。

 

 

とにかく、学校の成績が上がると高校入試には有利

だってことです。

そして、作文(小論文)で字を丁寧に書き、

ハキハキした喋りができる子が合格しやすい

ということです。

 

逆に学力にやや不安があっても、

自分の意見をはっきり言える子は推薦入試に

向いているってことですよね。

 

今日、推薦入試が終わり、中3の生徒たちが来ましたが、

みんな流石に疲れていたようです。

人生で初めての『入試』を受けるって結構大変ですよね。

朝から試験会場に行き、緊張したまま面接、作文を書き・・・。

それは疲れますよね。

 

今日は一日よく頑張りました。

この経験は無駄ではないです。

貴重な一日だったと思います。

 

 

推薦入試がダメでも一般入試があります。

受かってるといいですね!

 

最後まで一緒に頑張りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。